グラタン・ドルフィノワ Gratin Dauphinois

副菜 plat d'accompagnement

これさえあれば、幸せな気持ちになれるーーフランス人にとっての、ソウル・フードともいえる料理、グラタン・ドルフィノワをご紹介しましょう。

ジャガイモ料理の割には(?!)ドルフィネという街で生まれた料理だそうです。名前だけでも美しいですよね。
ジャガイモ(Pommes de terre)のグラタンなので、Pommes de terre à la Dauphinoise ポンムドテール・ア・ラ・ドルフィノワーズ とも呼ばれています。

材料はシンプルですし、作り方もとても簡単。ぜひお試しください。

続きを読む: グラタン・ドルフィノワ Gratin Dauphinois

材料・作り方 (4人分)

・ジャガイモ 800g(中サイズのものを8~10コ)
・生クリーム(crème liquide) 200~300ml
・牛乳 200ml~
・ナツメグ、ガーリック、塩コショウ (ナツメグが加わると、ぐっと味わいに深みが出ます)

ジャガイモの皮を剥き、3~5ミリの厚さの輪切りにします。

それをグラタン皿に並べ、生クリームと牛乳を混ぜ(はじめは200mlずつから始めてください)、ナツメグ、ガーリック、塩コショウをそれぞれ少量加えて、グラタン皿に流し入れます。
ジャガイモが浸っていないようでしたら、牛乳を加えて。リッチな味わいがお好きでしたら、クリームを、加えられたらいいと思います。

小さなアドバイス:ジャガイモの澱粉と牛乳+クリームという水分が加熱されてとろみがつくので、あまり水分が多いと、グラタン風になりません。下の写真のような塩梅をお勧めします。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20230811_194739_791-1-scaled.jpg

180℃のオーブンにグラタンを入れます。ケーキのように繊細ではないので、余熱炊きしていなくても大丈夫です。時短したい場合は、牛乳・クリームを熱してからかけてもいいでしょう。(この鍋にジャガイモも入れて、先に火を通してからオーブンで焼き色を付けるという方法もありますが、それだとジャガイモのねっとり感が少なくなります)

10分ほど経ったら、下の方にあるポテトを上部に移動すると焼き加減が均等になります。(でも忘れても問題なし!)

周辺がぐつぐつして、よい焼き色がついたら、楊枝をさしてみてください。すーっとさせるようになったら出来上がり。焼き時間は40~60分ほどでしょうか。

わが家では、メインが魚のグリルや、ハム、テリーヌなど軽めのときに、このドルフィノアを添えています。作ってみると実に簡単なので、ぜひお試しくださいませ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました